×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

http://www.ne.jp/asahi/ochan/55/

* 写真館 * > 世界各国 > 北欧旅行記

5日目 2005年8月18日(木) ベルゲン => ストックホルム (ストックホルム泊)の続き


↑レストランからホテルへの帰り道。ストックホルムの夜景。


↑で、ホテルからすぐそばの、ジャズのライブハウス Fasching へ。
しかし、ジャズクラブも禁煙。すごい。空気がとてもきれいよ。
今日の演奏は、Jakob norgren big band。かっこよかった!CD、買っちゃいました。


↑ほんで、夜中0:30ごろ、ホテルへ帰ってきました。
左からホテル外観、ホテルロビー、ホテル受付。Nordic Light です(笑)。
それでは、おやすみなさい♪ 明日も、ストックホルム観光です。

6日目 2005年8月19日(金) ストックホルム観光 (ストックホルム泊)


↑おはようございます!
超モダンなホテルでの朝ごはん中です。
食器は全部、Iittala でしたよ。(多分)


↑今日は、ストックホルム市内乗り放題チケット、24時間券を買いました。
さっそく地下鉄へ。それぞれの駅が洞窟みたいで、おしゃれ。



↑今日も快晴! ストックホルム、ものすごく気持ち良いです。


↑とりあえず、入場料無料の 国立美術館 Nationalmuseum へ。
一巡しただけなのにもう疲れちゃったので、美術館内のカフェでコーヒー休憩です。
ガラス張りの天井から差し込む日差しが、気持ちいいです。


↑次も入場料無料の 現代美術館 Moderna Museet へ。


↑で、すぐ、美術館内のカフェ&レストラン へ(笑)。こちら、カフェのテラス席からの眺めです。


↑いえいえ、疲れてなんてませんよぉー。ランチです。ランチ。
いやぁ、景色もいいし、ソーセージも美味いし、灰皿もモダンだねえ。
おなかもいっぱいになったことだし、美術館の中で涼みますか・・・(違)。


↑しかし、この美術館も広かったです。見ごたえがありました。
そして、私たちも、そうやって寝ちゃいたい。


↑私たちもお昼寝しちゃう?いいねえ。いいねえ。
というわけで、午後3時くらい、いったんホテルへ帰りますよ。すごい疲れたのでバス乗りますよ。


↑ホテルにて。夫はすでに熟睡。
ひ〜とり〜酒〜♪て〜じゃくざ〜け〜♪
なんてやってたら私も眠たくなってきた。


↑そんで、案の定、起きたら午後7時くらい!わーお。。。
次は晩ごはん。ばんごはん。って、食べてばっかりやんっ!
なにはともあれ、地下鉄に乗って、晩ごはんを探しに出かけ・・・


↑出かけ・・・たんだけど、結局、街をぐるぐる回った挙句に、
ホテルのそばの FISK というお店に決めました。
このお店、昨日の夜からすごく気になってたんだもーん。
でも、混んでたので、名前を伝えて、21時に出直してくることに。
近くのバーでビールを飲んで時間をつぶしてたら、隣に「ニューヨーク大好き☆」
と日本語で書かれたTシャツを着た女性を含んだグループが来ました。
どうやら、おばあさんが日本系で、ちょっぴり日本語が喋れるらしいです。
ありがと、さよなら、どのくらいこちらに、などと話していたらあっというまに21時。
わーい。わーい。えびじゃー、かにじゃー、ろぶすたーじゃーっ。


↑で、こちらが店内。美味しそうなのがきそうな、テーブルセット。じゅるる・・・。


↑うっほほー!やってきたのが、このアフタヌーンティーセットみたいな、2段のお皿!
写真が暗くてぜんぜんわかんないけど、
上段が牡蠣、2段目に、ぎっしり身の詰まった蟹まるごと一匹、半身のロブスター
ムール貝に、子持ちエビ、子持ちじゃないエビ、手長エビが、すごい量きましたよっ!!
白ワイン1本飲みながら・・・、最高に美味しかったですっ!ぺロット平らげられそう、
だったんだけど、あまりに量が多すぎて、全部食べきれなかった・・・。スマヌ・・・。
ストックホルムの駅そばで、晩ご飯どこで食べようかな?と迷った観光客の皆様、お勧めです。
混んでるので要予約。お店の人の対応は、混んでたからかちょっとイマイチだったけど・・・。
==================================
Restaurant FISK
Vasagatan 1
Tel. 08-506 541 00 Fax 08-506 541 01
Radisson SAS Royal Viking Hotel
==================================
というわけで、思えば今日はそんなに観光してないけど、
ストックホルムの景色は十分満喫しました。ご飯も美味しかった。
終わりよければすべて良し!明日は、ハンブルクへ帰ります。
いやぁ、ほんと、美味かったなあ。おやすみなさい。

7日目 2005年8月20日(土) ストックホルム => ハンブルク

えっ?もうこの先はいいですか?
そんなこといわずに、せっかくなので、もうちょっとだけ、お付き合いくださいませ〜。


↑こちら、なつかしのホテル前の喫煙所。
部屋も禁煙、ロビーも、レストランも禁煙だったからね・・・。


↑喫煙所まん前の地下鉄入り口。
Tマーク。

来るときは Finnair だったので、ストックホルムのメイン空港 Arlanda から電車だったけど、
ハンブルク(リューベック)へは、安くて有名な Ryanair で帰ります。
なので今日は、 Arlanda 空港ではなく、
ストックホルムの中央駅からバスで1時間半ほどかかる、Stockholm S. Skavsta 空港へ。
で、このバスステーションが、なんだか知らないけど、ものすごく混んでて、ほんとにびっくり。
絶対乗れないでしょう?くらいの人が押しかけてきてました。こりゃきっと増発してるはず。
でなくちゃ暴動が起こりそうなくらい混んでました。


↑なんとかバスに乗り込んだと思ったら、
次はバイク祭り?か何かですごい数のバイク。
途切れることなく30分くらい。バスもその間ずっと進まず・・・。


↑2時間かけてやっと飛行場へ到着。


↑搭乗券は噂どおり、ほんとにパウチッコされた番号札でした。
番号札は回収されてしまい、なんと飛行機なのに自由席。


↑機内では、サンドウィッチも飲み物も有料。
って安いんだから仕方ないんだけどね。
荷物が出てくるところにあった、ステーキ屋さんの宣伝に心惹かれる。


↑これは、ハンブルク(リューベック)の空港からハンブルクへ向かうバス。
1時間ほどでハンブルク中央駅に到着します♪
しかし、初 Ryanair 体験だったのだけど、こりゃすごいあぜ道だね・・・。

と、いうわけで、楽しかった北欧旅行の旅、そろそろ終了です。
移動が多くて結構疲れましたが、濃密な1週間でした。
コペンハーゲン・フィヨルド・ストックホルム。
ちょっぴり心残りは、オスロでムンクの 『叫び』 が見れなかったこと。
でも、家にずっと前にジグゾーパズルで作ったのがあるから、いいです。
て、そういう問題なのか?(笑)
いやいや、ほんとに、北欧、素敵でした。
南ヨーロッパもいいけど、北もいいね。

長くなりましたが、最後まで見てくださって、どうもありがとうございました!
また、次の旅行を楽しみに♪


前のページに戻る?|おしまい♪|旅行記トップへ

Copyright © 2003-2008 ochan55 All rights reserved. Link Free!