×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

http://www.ne.jp/asahi/ochan/55/

* 写真館 * > 世界各国 > ポルトガル旅行記(リスボン)

5日目 2005年12月29日(木) ポルトガル・リスボン観光 (リスボン泊)

あ、そうそう。ホテルの写真を載せてなかったです。


↑えーっと、私たちが泊まったのは、
この、ラリーに出る人たちがとまっていたと思われる高級ホテル、
Le Meridien Park Atlantic Lisboa ホテルの隣にある・・・・・・


↑こちら。SANA Rex Classic Hotel です。
========================================
SANA Rex
Rua Castilho 169
1070-051 Lisboa - Portugal
tel. 351 213 882 161
========================================
特に可もなく不可もなく、だったのですが、
ちょっと駅から坂道を歩くのが辛かったです(笑)。
しかも、毎日登ったわりにちっとも痩せませんでした(泣)。


↑なにはともあれ、もうリスボンも5日目の朝!
かなり観光は満喫したので、
今日は、もうのんびりしようかー。というわけで(!?)、ZARAへ。
夫のシャツを購入。


↑のんびりしようかー、と言いつつ、
ついつい国立アズレージョ美術館 Museu Nacional do Azulejo へ。
バスに乗ったのは良いけれど、何処で降りればよいのかわからず、
「アズレージョ〜?ここですか?次ですか?」 などと聞いていたら、
聞かれていたおじさんが丁寧に教えてくれたのですが、
そのおじさんは、降りるべき停留所で降りそびれてしまったようでした。
ほんとに、すみません!
そばに座っていたおばさんたちも「ここよ!ここよ!」 と教えてくれて、
ポルトガルの人って、ほんとうに親切〜♪(涙)
いやいや、ドイツも親切なのだけど、なんとなく、ほのぼの感はポルトガルの方が高い!
・・・・・・・・ような気がするのは旅行だからか知らん? あは。


↑アズレージョ(装飾タイル)は、まず粘土をこねて、四角い型に入れて(写真左)、
数ヶ月自然乾燥させて、紙に下絵を書いて、その下絵をなぞるように小さな穴をあけて、
タイルの上に、その穴の開いた下絵の紙を置いて、上から粉の入った袋をたたきつけ模様を写し、
筆で絵付けして、色を塗って、焼いて、・・・・・・・って、本当に大変そう!


↑そして出来上がったアズレージョ。古いのから最新のまで、ほんとうにもう色々。
写真は全部おんなじくらいの時期のものですが(苦笑)。


↑この国立アズレージョ美術館は、
Igreja de Madre de Deus という教会の中にあるので、
いきなりこんな立派な礼拝堂もあったりして、驚きでした。


↑そして美術館内部のカフェでコーヒー休憩。


↑さっき休憩したばかりだけど、今度はランチ(笑)。
日本風のカステラが食べられる、
海外在住の日本人にとってはとってもうれしいお店♪
ランチを食べてしまったので、
その場ではカステラ食べれなかったのですが、
お土産に2つ買って帰りました。 おいしかったです♪
===================================
Castella do Paulo
Rua da Alfândega 120
1100-016 Lisboa
===================================


↑次は、ファド博物館へ行きます。途中で見かけた、突起した壁。


↑こちらが、ファド博物館 Casa do Fado e da Guitarra Portuguesa。
この博物館も内部は撮影不可だったので内部の写真はないです。残念。
さらに、中の売店で何かファド系(?)のものを買おうと思ってたのだけど、売店もちょうどお休みでとっても残念。
でも、ファドな雰囲気が味わえて楽しかったです♪ ファドファンの方は是非。



↑ファド博物館から歩いて、アルファマ散策。
なんとなく、一度行ったモロッコの町並みを思い出すような小道&坂道&階段。
住むとなったら、この坂道&階段は大変だろうなあ。
なんとなく、2003年8月に行ったモロッコ を思い出しました。
なーんて、スペイン旅行に行った時にちょっと日帰り観光で行っただけだったのですが。
モロッコの小道の写真、全然ないし(笑)、
HP作り始めのころは写真が少なくて楽だったなあ、なんて思ったり!? あはは。


↑というわけで、あっという間に今日の晩ご飯。もう、ウホホホホ。
左の写真は、前菜に出てきた生ハム&チーズ&オリーブ。
ポルトガルは注文しなくても席に着いたら、前菜が出てくるので、
(食べたくなければ、食べなかったら料金も払わなくてOK。)
入ってすぐ食べたい! ハラヘリなの! という(私のような)人にぴったりの国です。
旅行に行く前に、ハンブルクで食べようと思ったら品切れで涙を飲んだ生ハムも、
これでもかー!!というくらいぶら下がっていました。


↑そして、生牡蠣! 『キロ売り』だったのですが、「とりあえず6個!」と頼んだら、
想像していた牡蠣とは違って、ものすごく殻が重たいんです。ずっしりきました。
美味しかったからいいんですけどねー♪うほほ。


↑そして、こちらが、冬のポルトガルに行って本当によかった! と思った、
アローシュ・デ・マリコス、魚介類の雑炊です♪ 夏も売ってるのかしらん?


ほかにも、カニにエビに、ロブスターにお魚に・・・・・・・・、
もうおなかがいくつあっても足りない! と思うほど食べたいものばかり。
=================================
Restaurante Cervejaria
CONCHA D'OURO
Rua Augusta, 238-240
Tel 213 428 369 Fax 213 223 023
1100-056 Lisboa Portugal
=================================
もう、ポルトガル、ものすごくお勧めです。ほんとに。

というわけで、満腹になったので今日も寝まーす♪
明日は観光最終日。あー。寂しいわー。うーうー。


前のページに戻る?次のページも見る?

Copyright © 2003-2008 ochan55 All rights reserved. Link Free!